【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

下部尿路疾患の予防「飲み水」がカギ!

猫が最も罹患しやすい病気の一つである下部尿路疾患
対策を疎かにしてしまうと、死の危険性さえ生じるリスクの高い病気です。

そして、そんな下部尿路疾患対策として注目されているのが、実は「飲み水」の工夫。
飼い主さんのアイディアひとつで、予防する確率をぐっと高めることもできるのです。

ここでは、そんな飲み水と下部尿路疾患予防について詳しく解説しています!

そもそも下部尿路疾患ってなに?

下部尿路疾患とは、尿の通り道である尿路の中でも、膀胱より下に存在する部分にトラブルが生じたケースを指します。
(下部尿路…膀胱や尿管などの体腔に近い泌尿器)

具体的には、この下部尿路の部分に結石が生じてしまう状態を指します。
いわゆる「尿路結石」です。

尿結石の種類

実は、尿結石にはいくつかの種類があります。

・ストルバイト尿結石
最も発症率の高い結石です。
マグネシウム、アンモニウム、リン酸塩が結晶化したものをストルバイトと言います。
マグネシウムの過剰摂取が原因で、おしっこがアルカリ性に偏ってしまったり、水分の摂取量が不足するとストルバイトが生成される可能性が高まります。

・シュウ酸カルシウム尿結石
ストルバイトとは逆で、マグネシウムが不足してしまった場合に生じます。
おしっこが酸性に偏ってしまったり、ビタミンCを過剰摂取してしまった場合、カルシウムが不足した場合などにシュウ酸カルシウム尿結石のリスクが向上します。

尿路結石の原因はマグネシウムの摂り過ぎ…というイメージがありますが、実は不足してしまった場合にもリスクが高まります。
「マグネシウムをはじめとするミネラル類をカットすれば良い」
というシンプルな問題ではないのです。

ミネラル類は猫が健康的に、QOLを維持していく上でも欠かせない成分です。
ポイントは、ミネラルをバランス良く与えてあげること。
その為には、飲み水の栄養バランスに関してもしっかりと考慮してあげる必要があります。

おすすめはアクアクララ

公式サイト

私も飼い猫の為に、飲み水を色々検討してきました。
・水道水
・ミネラルウォーター(ペットボトル)
・ミネラルウォーター(ウォーターサーバー)

コスト面や利便性なども比較条件に入れて、様々な面から最適な飲み水を探していました。

そして、やっとたどり着いたのがアクアクララというウォーターサーバーの水です。
テレビのCMなどでもお馴染みの比較的有名なメーカーです。
軟水であり、ミネラルのバランスも理想的。
もちろん、衛生面も非常に優れています♪

こんなに身近に、猫にとって理想的な水質の飲み水があるとはびっくり!
今では毎月ボトルを注文しています。

ウォーターサーバーの水は猫専用…と割り切ってしまうと、月々の維持費もかなりリーズナブル。
下手なサプリメントを購入するよりも遥かに手軽に尿路結石予防に役立てることができます。
ボトルを玄関まで持ってきてくれるので、便利なのも良いですよね!

こんな傾向があったら下部尿路疾患のサイン

  • トイレの回数が多い
  • おしっこの一回の量が少ない
  • 血尿
  • 急性腎不全や膀胱炎などを発症している

これらの傾向があった場合は下部尿路疾患に注意が必要です。
嘔吐やぐったりしている、などの変化が見られるときにはかなり深刻な状態になっており、放置してしまうと尿毒症により死亡のリスクがぐっと高まってしまいます。
そうなる前に、飼い主さんが適切な対策を講じてあげることが大切です。

アクアクララの詳細

キャンペーンが実施されているので、初回は割引が適用されます。

初回のみ…
・1200円でボトル3本をプレゼント
・設置月はあんしんサポート料が無料

さらに「わんニャン特典」がプレゼントされるのも魅力です!

2回目以降の料金システムもとてもシンプルで分かりやすいのが特徴。
ウォーターサーバーのレンタル料+使用する分のボトル料金=毎月の維持費
となります。

トップに戻る