【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

原材料がトウモロコシのキャットフードは安心?

大切な飼い猫には健康に留意した安心できるキャットフードを与えたいと考えるものです。
しかし、世の中には猫の健康を無視した粗悪なキャットフードもたくさん販売されています。
その中でも原材料にトウモロコシを使用しているものには注意が必要です。

猫はもともと肉食のため、古来より肉や魚などの動物性タンパクを摂取して生活してきました。
そのためトウモロコシなどの穀物類に含まれる植物性タンパクは必要ないのです。
しかし、多くのキャットフードにはトウモロコシをはじめ、小麦や米、玄米などの穀物類を原材料に使用しています。
肉食の体である猫は、植物性タンパクを分解する酵素が体内に存在せず、消化することがとても困難です。
多くのキャットフードメーカーは、原材料の経費を削減するために穀物類を使用しているため、猫の健康にとって良くないキャットフードが出回っているのです。

穀物類はアレルギーを引き起こす原因にもなるほか、消化が困難であることから下痢や嘔吐の原因にもなります。
消化ができないということは、便にそのまま出てくるということにもなり、病気などなく過ごしている猫で排便の量の多い猫は、健康的なフードを食べていないということになります。
そのため、猫の排便の量が多いか少ないかということが、猫の身体に優しいキャットフードの一つの目安にもなるのです。

トウモロコシなどの穀物を一切使用していないフードのことをグレインフリーフードと言いますが、消化に優しくお腹を壊すことやアレルギーの心配も低いというだけでなく、肉や魚など猫に必要な動物性タンパクを確保できるため、グレインフリーフードを選ぶことは愛猫の健康管理の第一歩と言えるでしょう。

トップに戻る