【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

意外?猫も人間と同じように歯周病になるんです

猫は虫歯になりにくい傾向があります。
しかし虫歯にはなりにくいのですが、意外にも人間と同じように歯周病になり、歯を失ってしまう猫がたくさんいます。
猫も歯周病になってしまうとは驚きですが、それは猫特有の歯の形状や柔らかめのキャットフードを食べていることが影響しています。

猫のキャットフードはドッグフードに比べると柔らかいため、歯に食べカスが付きやすくなります。
食べカスが歯に付着し、時間が経過すると歯垢が酸化し歯石になってしまいます。
そのため歯周病になり、やがて歯が抜け落ちてしまうのです。
猫も人間と同じように歯ブラシを使って歯を磨くことが出来ればよいのですが、なかなかそううまくはいきません。
そこで、デンタルケアが出来るキャットフードを活用しましょう。

キャットフードでデンタルケアが出来るとは、まるで夢のようですね。
どんな仕組みになっているのかと言うと、キャットフードの中に食物繊維がいくつもの層になって固まった粒が含まれており、その食物繊維を歯で噛むことにより、歯の表側が触れ合うため、歯に付着した汚れや歯石が取れます。
通常のキャットフードに比べると、お値段が割高なのですが、長い目で見ると愛猫の歯の健康、身体の健康に繋がっていくため、猫の医療費を節約することになるでしょう。

猫の歯の汚れが酷い場合には、水で濡らしたティッシュやガーゼなどで、歯の表面をサッとこすってもよいでしょう。
簡単なケアですが、デンタルケア用のキャットフードと併用して行うと、猫の歯周病対策に効果があります。

トップに戻る