【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

穀物不使用の無添加キャットフードがおすすめな理由

市販のキャットフードには原材料に穀物が含まれています。
この穀物が愛猫の健康に良くないのでは、という話もありますがその理由はいくつかあります。

穀物が配合されているかどうか以前に、市販のペットフードには原材料にどんなものが使われているのか、どのような品質管理をされているのか、添加物はどのようなものが加えられているのか、等についてかなりの部分においてグレーな所は確かにあります。
だからこそ、飼い主は値段が安いからそれで良い、とは思わずに愛猫の健康を優先に慎重にフード選びをする必要がありそうです。

猫は肉食動物です。
動物性タンパク質の分解、消化、吸収に適した体内の構造や消化酵素を持っています。
それはつまり、生命の維持に穀物や野菜を必要としないということです。
炭水化物を消化する機能を持っていませんので、市販のキャットフードを食べている猫は常に消化吸収に内蔵に負担をかけ続けているということになります。

猫にとって一番理想の食事は「なま肉」です。
加工して乾燥されたドライフードでは猫が必要としている栄養素は補いきれません。
その不足分を補うためと、かさ増しのため、そして製造コストカットのために安く仕入れることのできる穀物を配合しているのです。

穀物使用のフードが全ていけないというわけではありませんが、穀物そのものが猫に必ずしも必要という訳ではないこと、穀物を配合するために油が使われること、その酸化を防止するために酸化防止剤(添加物)が加えられていること、これらを総合的に考えていくと、愛猫の健康を本気で考えるならばフード選びは慎重にするべきといえます。

トップに戻る