【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

キャットフードの成分で猫の病気予防対策

空前の猫ブームとなっている昨今では、猫種や年齢、材料や用途などさまざまなキャットフードが販売されています。
猫はもともと肉食であるため、キャットフードの原材料においてもそれを念頭に置いておく必要があります。
飼い猫がいつまでも健康で長生きしてくれるよう、食生活については飼い主さんが注意しなければなりません。
猫の食生活で一番改善されるのは、老猫の死因として最も高い腎不全です。
そんな猫の腎不全を予防できるキャットフードの成分を説明します。

猫ちゃんの腎不全を予防するには、消化や胃腸に作用があり、穀類ベースでないものを選ぶことです。
腎臓と水分の関係は密接で、常にドライフードを与え続けていると、猫は慢性的な脱水状態になりやすくなってしまいます。
保存のしやすからドライフードを選ぶ飼い主さんは多いのですが、猫の健康を一番に考えるのであれば、水分率が高いウエットフードを多めに与えた方が良いでしょう。
そして、タンパク質を豊富に与えるようにしましょう。
猫にとってタンパク質は大切や栄養素で、多くの動物性食品に含まれています。
タンパク質は、猫の身体を作ることと普段の生活のエネルギー源へと変わります。
タンパク質はアミノ酸によって構成されているので、タンパク源となるアミノ酸も多くの種類が含まれているものをキャットフードで与えた方が良いでしょう。

このような食事によって血液の毒素が排出され、腎不全を予防することができるのです。

トップに戻る