【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

キャットフードのおすすめ保存方法

キャットフードの保存方法は、みなさんどうしているのでしょうか。
キャットフードの袋が湿気防止や鮮度を落とさない品質なんじゃないの?と思っている方、それは大間違いのようです。
実は、購入したままの袋で保存してしまうと、賞味期限内であっても酸化が進み鮮度は落ち、猫にとって美味しくないうえに病気を引き起こすものになってしまうのです。

一番良いのは、開封したらすぐに密閉できる容器に入れ替えることです。
ジップロックがおすすめだと聞いたことがあるので、いつも多めに買っておくと便利ですね。
赤ちゃんの離乳食を保存するのと同じ要領で、1食分ごとに小分けにして保存すると時間かかって面倒ではありますが、後々楽ですよ。

そして、保存する場所ですが、ここまで頑張ったのだから保存する場所も細心の注意をはらいたいので、温度変化が大きくなく、湿度も高くなく、直射日光が当たらない場所を探しましょう。
じゃ、冷蔵庫だね!と思った方、それもまた大きな間違いです。
冷蔵庫の開け閉めで温度差が出てきますし、その度に湿気も多くなるので、カビが生える原因になります。
それ以外の保存方法としては、容器(100円ショップで売っていて用途は何でも良い)の底に脱酸素剤を何枚から入れて、その上にキャットフードを入れ、新聞紙を詰めフタを閉めるという方法です。
これだと、高価なジップロックを大量に使わなくてすみますし、小分けするという手間な作業もなくなります。
あとは、初期費用がかかりますが、真空パック機を使う!ですね。

トップに戻る