【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

ダイエットに使いたいキャットフード

かつて家猫も放し飼いが常識だった頃、猫は外で十分な運動ができていました。
けれど、都心の住宅事情や人の生活の変化により、猫も家から自由に出ることなく生活することが当たり前になってきています。
家での猫の運動のために、キャットタワーやキャットウォークを用意したり、家具に高低差をつけて猫の自由に動ける場所を用意している飼い主も多いのではないでしょうか。
けれど、気がつけば家猫が太り気味かも、ということもよくあります。

猫を上から眺めて、樽のように膨れていれば太っている証拠です。
通常、猫は成長時期や健康状態にもよりますが3~5kgが平均ですから、二割以上超えているようであれば、今後肥満から病気やケガになるかもしれないリスクが高くなっています。

猫は一度太ると痩せるのが困難な動物で、運動時間を増やすことや、キャットフードの量を減らすダイエット方法は難しいといわれています。
ですから、太ってしまった猫の減量には、必要な適正な栄養の取れる安全なダイエット用のキャットフードもありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、ダイエットさせたいからといって、いきなりダイエット用のキャットフードに変更しても食べないケースは多々あります。
この場合は、普段の食事に少しずつダイエットフードをまぜてシフトさせてみてはいかがでしょうか。
もし、ダイエット用キャットフードがまざるとまったく食べないといった場合は、一日で与える普段のキャットフードの量は変えず、小分けにして回数を増やしつつ、運動もさせるといった方法で、一年ほどかけて適正体重に落とした成功例もあります。

家猫が太ってしまった時は、猫の様子や好みにあわせて、ダイエット用のキャットフードも活用したいものです。

トップに戻る