【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

腎臓病対策用のキャットフードもあります

猫も人間と同じように加齢とともに腎臓の機能が低下してしまったり、腎不全になってしまう場合があります。
猫の腎臓病は老齢期に入ると深刻な問題となります。
年をとると尿細胞管の数が急激に減ることが原因だと考えられています。
猫の尿細胞管はネフロンと呼ばれており、血液中の老廃物を濾過する作用があり、老廃物と尿を体外へ排出させる効果があります。
猫の腎臓病を予防するには、普段から猫の体調についてよく観察する必要があります。
もし水をたくさん飲むようになったり、尿の量が多くなる、体重の減りがあるなどの変化があれば、腎臓を患っている可能性があるため、早めに獣医に見せましょう。
ちなみに猫の死因では腎臓病が約2割を占めています。

こうした猫の腎臓病の進行を止めてくれるキャットフードがあります。
通常のキャットフードよりも、リンやナトリウムの量が少ないため、猫の腎臓に負担をかけずにすみます。
猫の腎臓病は一度悪くなってしまうと、二度と元の状態に戻ることはありません。
そのため、飼い主が出来るだけ早く気が付き、病院へ連れて行くことが大切です。

病気の進行を遅らせるためにも腎臓病対策用のキャットフードはとても有効です。

どのようなキャットフードを選んだらよいかは、獣医とよく相談して決めて行くとよいでしょう。
腎不全になると、猫の食欲も落ちてくるので、食欲が落ちてしまった場合には、キャットフードの種類を変えてみると、食べることに興味を示してくれることもあります。

トップに戻る