【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

激安キャットフードはなぜ危険?

店頭に並んでいるキャットフードは、高いものから安いものまで様々な価格のものがありますが、今月は家計が苦しいからと、ついつい激安キャットフードに手を伸ばしてしまうことはないでしょうか?激安キャットフードを買って与えてしまうと、愛猫が体調を崩してしまったり、病気に罹ってしまったりと後で後悔をすることになりかねません。
激安キャットフードはなぜ危険なのかというと、それは激安キャットフードを作るために使われる原材料に危険が潜んでいるからです。

激安キャットフードには、危険な添加物がたくさん入っています。
BHAやBHTと原材料に記載されている場合、それらは発がん性のある物質のため、大切な猫が将来がんになってしまうかもしれません。
また、とうもろこしや小麦などの穀物がたっぷりと入っているキャットフードは安いのですが、猫にとって穀物は必要がないものです。
穀物の摂取量が4割を超えてしまうと、猫が消化不良を起こして体調を崩してしまう可能性もあります。
そして、原料にチキンと記載がある場合、そのチキンは人間が食べることができない、死んでしまった鶏の肉かもしれませんし、腐った肉の可能性もあります。
人が食べる肉には原産国を表示することが義務づけられているのですが、キャットフードの場合はそのような決まりがないため、激安キャットフードには人間が食べることができないチキンが使われているかもしれません。

このように、激安キャットフードは、大切なペットの健康を害する恐れがあるため、購入を控えた方が良いでしょう。

トップに戻る