【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

キャットフードの中のトウモロコシ

キャットフード選びはいろいろな状況が関係してきます。
飼い主の懐具合や多頭飼いをしているかどうか、さらに猫の健康状態や好み、数え上げたらきりがありません。
そのため基本的には飼い主それぞれの考え方によれば良いものだとは思いますが、もう少し良いキャットフードはないものだろうかと今まさに考えているのであれば、気にしてほしいのがキャットフードに含まれるトウモロコシについてです。

元々猫は肉食で、穀物類を食べる必要はありません。
腸も短く、人間よりもずっと消化器官が短い生き物です。
そのため人間が良く主食として考える穀物類は、猫にとって負担になることが多いのです。

しかしキャットフードのパッケージを見てみると、たいていのものに穀物、特に小麦やトウモロコシが含まれていることがわかります。
これらはキャットフードを与えやすい形状にするためと、嵩を増して腹持ち良くするなどの理由で含まれていることが多いのですが、この穀物の中でもトウモロコシは特に猫にとって消化しにくい食材です。

トウモロコシはご存知の通りアメリカで盛んに栽培されていますので、ペット先進国であるアメリカで用いられたものがそのまま今も使われています。
そのため輸入物のキャットフードに入っていることが多いのですが、もちろん国産のものにも多々使われています。
人間でもトウモロコシはちょっと消化しにくい食材ですので、猫の体に優しい食物ではないということは想像がつくでしょう、現にトウモロコシ入りのキャットフードで消化不良を起こしてしまう猫もたくさんいます。

しキャットフードを切り替える、新しいものを買ってみるという際には、できるだけ柔らかいスイートコーンのペーストを使用しているものを探すかトウモロコシ不使用の品を探してあげてください。
その上で折り合いのつく商品が見つかればベストです。

トップに戻る