【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

種類で選ぶキャットフード

キャットフードにもいくつか種類があります。
飼い猫の嗜好や体質から、どのタイプが合っているのか、飼い主は見極めてあげると良いでしょう。

まずは、ドライのものです。
このタイプは、キャットフードの水分が全体の10パーセント以下に抑えられています。
13パーセントを超えるとカビが発生しやすくなるため、多くのメーカーでは少し余裕をみて10パーセント以下で作っています。
ドライは、食べると「カリカリ」という音がします。
高たんぱくの肉や穀物、脂肪分などを混合して作っていて、栄養のバランスが非常に良いものです。
食物繊維も豊富に含まれているため、便秘気味の猫には向いています。
ドライという特性上、良く噛まないと飲み込めません。
その分、歯垢が付きにくかったり、噛むことによる満腹感が得られたりして健康にも良いものです。
保存も効くことから、大きなサイズを買える、まとめ買いが出来るといったメリットもあります。

もう一つは、ウェットのものになります。
「ネコ缶」などと呼ばれているものがこれに当てはまります。
ウェットのものは、水分が全体の75パーセント以上を占めています。
においもはっきりあって、肉の弾力も残っています。
食欲をそそるため、食べることが好きな猫であれば、こちらのタイプを好む猫が多いでしょう。
ただ、柔らかいので良く噛まないで飲み込んでしまったり、カスが歯に詰まったりして歯石や口臭になりやすいという特徴もあります。
ラップをして冷蔵庫で保管は出来ますが、長期間の保存は出来ません。

どちらが良いか分からない時には、まず両方を試してみて猫の食いつきや体調から判断すると良いでしょう。

トップに戻る