【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

キャットフードにはどんな種類があるの?

キャットフードには色々な種類が揃っていますが、最近では、更に種類が増えているようです。
改めてキャットフードの種類について確認してみましょう。

キャットフードの種類は含まれる水分量によって種類が分かれます。
猫もずっと同じえさを食べていると飽きてしまうことがあるので、いつもと違う食感や匂いのえさを与えると食べてくれるようです。
水分含有量が10パーセント以下のキャットフードは「ドライタイプ」と呼ばれています。
固形の乾燥させたものです。
栄養バランスが保たれていて、肥満用もあります。

「セミモイストタイプ」は水分含有量が25から30パーセントのえさで、「半生タイプ」とも呼ばれます。
ドライタイプのように日持ちがしないので、砂糖や防カビ剤といった添加物使って品櫃保持をしています。

水分含有量が75パーセント以上のえさが「ウェットタイプ」です。
缶詰やパウチで売られています。
匂いが強く食感も残っているので、ねこの満足度も高くなります。
他のタイプに比べると割高です。

割高といえば「プレミアムフードタイプ」があります。
食事のバランスが配慮されたワンランク上のえさになります。

番外編ですが、生後間もない子ねこには、専用のキャットミルクを与えて下さい。
人間のミルクは下痢をおこす原因となるので、与えてはいけません。
ミルクだけではなく食べ物も人間のものを与えてはいけません。
キャットフードに比べ、人間の食べ物は塩分や糖分が高いので、ねこの負担になります。

トップに戻る