【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

ウェットキャットフードのメリット&デメリットと選び方

キャットフードにはカリカリとして硬く安い価格で販売されているドライタイプと、水分が多くて価格が高いウェットタイプがあります。
ここでは、ウェットキャットフードのメリット&デメリットと選び方をお伝えします。
ウェットキャットフードは、水分が75%以上の含有量があるキャットフードで、パウチタイプのものや缶詰に入っているものなど多くの種類があります。

ウェットキャットフードのメリットは、水分が多く入っているため猫が食べやすく、魚や肉などの原材料のにおいを感じることができることです。
猫はにおいにつられて餌を食べるため、においが少ないドライフードよりもウェットフードを好んで食べます。
また、猫は水分補給をすることが苦手なのですが、ウェットフードには水分がたっぷりと含まれているため、猫が便秘になったり尿道結石になることを防ぐ効果もあります。
また、開封前であればウェットフードを長期的に保存できるという点もメリットです。

ウェットキャットフードのデメリットですが、栄養価が低いという点があります。
よって、ウェトキャットフードだけでは、猫の成長のための栄養分が足りないため、何かで補わなければいけないことが大変です。
そして、歯にくっつきやすいため、虫歯になりやすいというデメリットもあります。

ウェットキャットフードを購入する場合は、添加物が少ないものを選びましょう。
材料にタンパク質や脂質などの栄養素が豊富に含まれているものがおすすめです。
また、栄養面で優れている総合栄養食と書かれているキャットフードを選ぶこともポイントの1つです。

トップに戻る