【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

カリカリタイプとウェットタイプのメリット、デメリット

キャットフードには主に「ドライタイプ」と「ウェットタイプ」があり、どちらを与えればいいのか迷う人は多いようです。
総合栄養食と書いてあれば、キャットフードと水で十分に栄養摂取できます。
どちらも栄養豊富でバランスの取れたキャットフードなので、特徴を知り、どちらか一方ではなく使い分けることをおすすめします。

ドライタイプの特徴は猫の年齢や体質に応じて選ぶことができ、日持ちするのが特徴です。
「カリカリ」という名称もお馴染みですね。
猫に必要な栄養が混ざっていてバランスよく摂取できます。
猫も人間同様に歯石が溜まると、歯周病等様々な病気になってしまいます。
また、ドライタイプのキャットフードは歯石が付きにくいとされています。
乾燥している分、歯ごたえがある硬いキャットフードなので、高齢の猫や歯に病気のある猫には不向きです。
水分が少ないので与えるときは必ず水を用意しましょう。

「猫缶」と呼ばれている缶詰のウェットタイプ。
特徴は水分を含んだキャットフードなので、水分を一緒に摂ることができます。
猫缶に水を足して与えることが可能なので、暑い日の熱中対策にも適しています。
また、高カロリーなので小食の猫や、食欲がない時におすすめです。
柔らかいので歯が悪い猫にも良いでしょう。
猫缶は開封すると保存ができません。
また、歯石が付きやすいので歯のチェックをこまめに行いましょう。

キャットフードを選ぶ際の共通の注意点として酸化を防ぐために、買い置きは1か月で食べきれる量を目安にします、猫は肉食なのでたんぱく質が豊富なものを選びましょう。

トップに戻る