【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

売れ筋キャットフードの傾向は

最近の売れ筋キャットフードの傾向は、以下の条件を備えているものが圧倒的な人気です。

まず、ドライタイプであること。
そして新鮮な原材料を使っていること。
最後に猫の消化器官や泌尿器系などのケアができることです。
この条件を備えている中でも味が良く、猫ちゃんがきちんと食べ切ってくれるものが人気商品となっています。

それだけ最近はキャットフードも健康志向になってきているということですが、キャットフードに穀物を使用しないグレインフリーや、4Dミートといわれる粗悪な肉類を使用しないという動きは欧米、特にヨーロッパが先進的です。
日本は今まで穀物を使った食感と風味の良いキャットフードを優先して食べさせる傾向がありましたので、猫ちゃんの喜ぶ美味しいウェットタイプが人気でした。
しかし最近はヘルシーフード志向が高まり、外国のブランドものが良く売れているようです。

猫は体の構造上、膀胱炎や腎臓病、尿路結石になりやすいというデメリットがあります。
猫の尿がアルカリ性に傾きすぎると尿路結石が起きる頻度が高くなり、あまり水分を摂取しないでいると、人でいうところの腎臓病や尿毒症などと同じ症状を短期間で引き起こすことがあります。

愛猫の健康を左右するのはやはり毎日の食事ですので、ダイエットが必要な猫や去勢後の猫、尿量が少ない猫ちゃんなどには体質によって常時餌を見直して、健康に良いフードをきちんと管理してあげることが飼い主の務めです。

トップに戻る