【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

多頭飼いの場合のキャットフード

猫を2匹以上多頭飼いしている場合は、キャットフードの与え方を工夫しなければなりません。
大皿に盛ってしまうと、どの猫がどれだけ食べたかわからなくなってしまいます。
食欲旺盛な猫が肥満になったり、食べられなくて痩せてしまったりします。
また、食欲がない等の異変に気づきにくくなるのです。
出来れば皿を分け、部屋も別々にして横取りされないように工夫しましょう。
また、ずっとえさを置いておくのではなく、食べないと思ったら早めに下げてしまいましょう。

多頭飼いの猫たちが全て同じような年齢なら問題はありませんが、子猫や老猫がいる場合は、キャットフードの種類も変えなければなりません。
子猫用は高カロリーなので、成猫が食べると肥満になってしまいます。
また、横取りされてしまうと、子猫が食べられなくて栄養不足になる可能性があります。
全ライフステージ対応のものであれば、子猫も老猫も食べられますが、量は調節する必要があります。
また、猫それぞれには好みがあり、全ての猫が同じキャットフードを食べてくれるとは限りません。
何種類もそろえるのは大変ですが、猫の健康を考えれば、必要な事です。

多頭飼いはえさ代が高くつくからといって、安価で粗悪なキャットフードを与えていると、体調を崩し、結果的に医療費が高額になってしまいます。
良質で高価なフードでも、まとめ買いや定期購入で安くなったり、送料無料になったりするので、賢く利用しましょう。

トップに戻る