【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

キャットフードの天然保存料

キャットフードを長持ちさせるために使われる、保存料。
物によっては体に害がある物もある為、極力使われていないキャットフードを選ぶ飼い主さんが多いようです。
この保存料の中には、天然保存料と呼ばれる種類があるのですが…
天然保存料は、通常の保存料と一体何が違うのか?
キャットフードに含まれている天然保存料について、ご説明していきます。

●保存料と天然保存料の違いについて
保存料と天然保存料の違いは、“科学的なものを使っているか否か”が大きな差と言えるでしょう。
通常の保存料は、単純に賞味期限を延ばすことだけを考えている物が多いのですので…
多少体に悪いことがわかっていても、どうしても薬品の力に頼らざるをえません。
ですが、天然保存料の場合。
中には人工的に作られている物もありますが、ほとんどが自然派由来の保存料が使われています。
その為、摂取しても体に害がない物を多く、健康を気にする飼い主さんには重宝されているのです。

●天然保存料は何が使われている?
キャットフードに使われている天然保存料は、主にこれらがあげられます。

・アスコルビン酸
俗に言うビタミンCで、体を丈夫にし、免疫力を高めていく効果が期待できます。
キャットフードに含まれることで、フードの酸化を防止する働きがあります。

・トコフェロール混合物
植物性油脂から取ることが出来る、食品添加物です。
食品の酸化を防止する効果があります。
…キャットフードに含まれている天然保存料は主にこの二つです。
どちらも自然派由来のものが使われることが多いですが…
人口で作られた成分を配合することも、珍しくはありません。

●天然保存料は使われていない方が良い?
天然保存料や保存料は、使われていない方が良いと考える飼い主さんもいるかもしれませんが…
一概にそうとは言い切れません。
保存料が入っていないと、すぐに食品が腐敗し、保存がきかなくなってしまいます。
入りすぎはもちろん体に悪いですが…
入っていないとなると、すぐに腐ってしまうため、バランスが大切と言えるでしょう。

トップに戻る