【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

キャットフードのミルク

人間用の牛乳を猫ちゃんに与えると、お腹を壊す可能性があるのでオススメが出来ませんが…
猫ちゃんの栄養バランスを考えてミルクを与えたい場合は、キャットフードのミルクがオススメです。
キャットフードのミルクとは、一体どんな商品なのか?
一般的な牛乳と何が違うのかと合わせてご説明します!

●キャットフードのミルクとはどんなもの?
キャットフードのミルクの種類は、大きく分けて二種類。
粉ミルクを溶かして飲むタイプのミルクと、ミルクの成分を含んだカリカリタイプのキャットフードです。
どちらのタイプのミルクも、ミルクの栄養がふんだんに配合されていることに変わりはありませんが…
大きな違いは、対象年齢の違いと言えるでしょう。
ミルクの成分を含んだカリカリタイプのキャットフードは、ミルク味が特色のキャットフードなのですが…
まだフードを食べることが出来ない子猫には、粉末タイプの粉ミルクがオススメです。

●キャットフードのミルクは一般的な牛乳と何が違うのか?
人間用の一般的な牛乳は、人間には害が無くても、猫ちゃんの腸では分解できない成分などがあります。
その為、お腹を壊してしまいやすく、猫ちゃんにとっては危険な飲み物なのです。
ですが、キャットフードのミルクは、猫ちゃんに与えても平気な成分のみが配合されている為…
安心して栄養を補給してあげることが出来るのです。

●キャットフードのミルクは、何歳の猫ちゃんにあげるべき?
キャットフードのミルクの対象年齢は、粉末タイプの場合、子猫から成猫までの間が目安。
お母さん猫のおっぱいの代わりに与えることも出来るほど、多くの栄養を補給することが出来ます
こちらのタイプは、栄養を補給する為に妊娠中や授乳中の猫ちゃんをはじめ…
固形物を食べにくい、老猫にも最適と言えるでしょう。
カリカリタイプのミルクの場合は、カリカリを食べられる猫ちゃんであればどんな猫ちゃんでもOK。
ミネラル類やカルシウム、タウリンやタンパク質を効率よくキャットフードで摂取することが出来ます。

トップに戻る