【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

子猫のキャットフードの与え方

初めて子猫を飼う方は、どのようなキャットフードを与えればよいのかが分からず迷うこともあるでしょう。
子猫のキャットフードの与え方をご紹介します。

子猫は、消化をする力が弱く、器官が発達していないため、ドライフードのキャットフードをを食べることが難しい場合があります。
そのため、子猫にドライフードのキャットフードを与える場合は、お湯でふやかしてあげることが大切です。
ドライフードのキャットフードのお湯のふやかし方ですが、ドライフードがひたひたになるくらいまでお湯を入れて、15分程度待ちましょう。
キャットフードがふやけたら、入れたお湯を捨てて余分な水分を切ります。
そして、子猫に栄養を与えるための粉ミルクを適量入れます。
その後、大さじ1杯程度の水で溶いてキャットフードと混ぜましょう。

もし、子猫があまり餌を食べてくれないような場合は、ストレスを感じている可能性があります。
その時は、キャットフードに整腸剤やブドウ糖を混ぜてあげると食べてくれる可能性があります。
子猫の場合、ペットショップなどから飼い主の家に連れてこられると、環境が変わることによってストレスを受け、血糖値が下がることがあります。
この低血糖状態を改善するために必要なものがブドウ糖です。
また、整腸剤はおなかの調子を整えてくれるため、食が進まない子猫に効果があります。

このようなキャットフードを作って子猫にあげてみてください。
食べが悪い場合は、キャットフードに味付けのためにウェットフードの缶詰を混ぜると食べてくれることが多いです。

トップに戻る