【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

どのくらい?キャットフードの賞味期限

大事な猫ちゃんの食事である、キャットフード。
毎日の食事やおやつに欠かせません。
カラフルなパッケージで、様々な形状のものが販売されています。
毎日のことだから安い時にまとめ買い、という方もいらっしゃることでしょう。
そんな時に気にした方がよいのは、賞味期限です。
私たち人間の食品でも、まとめ買いしてうっかり賞味期限が切れて捨ててしまうなんてことがあります。
キャットフードでも気を付けないと、もったいないことになりかねません。

キャットフードには賞味期限を記載することが必須なので、パッケージに書かれています。
一番賞味期限が長いのは缶詰のキャットフードで、約3年間です。
ただし、いったん開封したらその日のうちに食べきることが推奨されています。
食べきれない場合は冷凍保存するなどの工夫が必要です。

レトルトパックの場合は約2年のものが多いです。
総合栄養食などでよく見られるドライフードの賞味期限は、未開封の場合約1年半です。
無添加や自然食のドライフードだと、約1年と短めな場合があるので気を付けましょう。
ドライフードは開封後、2週間から1カ月くらいで食べきると良いでしょう。
高温多湿を避けて、虫などが入らないよう気を付けて保管しましょう。

賞味期限が過ぎても販売は可能なので、期限が近いキャットフードが格安で販売されている場合があります。
もちろん、きちんと保管されていればすぐに健康被害を及ぼすようなことはありません。
購入した場合は、正しく保管してなるべく早く食べるようにするとよいでしょう。

トップに戻る