【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

年齢別おすすめのキャットフードとは?

猫を初めて飼うという方は、どのようなキャットフードを与えればよいのか悩むこともあるでしょう。
猫の年齢別におすすめのキャットフードをご紹介しましょう。

まず、生後3週間目までの猫は、キャットフードを食べることができません。
よって、子猫用のミルクをあげるようにしましょう。
そして、3週間を過ぎた頃からミルクと同時に子猫用のドライフードかウェットフードをあげましょう。
ただ、ドライフードの場合は、しっかりと水やお湯でふやかしてからあげることが大切です。

生後8週目までの猫は咀嚼力が弱いため、最初はやわらかめのキャットフードからあげていきます。
ウェットフードは子猫が食べやすいため、そのまま与えても問題ありません。
生後3週目から8週目にかけてだんだんと水分量を減らしていき、9週目を過ぎた頃にドライキャットフードが食べられるように調整をしてあげます。
生後9週目から1歳までの間は、猫が成長をする時期のため、高カロリーのキャットフードをあげることが大切です。
成長に必要な栄養素は、たんぱく質です。
サーモンなど魚が入ったキャットフードは、子猫の成長を促進し健康をサポートします。
この頃は、一度に多くのキャットフードを食べることができないため、1日に3回~5回を目安に与えましょう。

1歳~7歳になると、安定期に入るため、今までよりもカロリーが低めなキャットフードに切り替えましょう。
猫の健康を考えるのであれば、消化に悪い穀物があまり入っておらず、高たんぱくのキャットフードがおすすめです。

トップに戻る