【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

猫の年齢に合わせたキャットフードを!

猫も人間と同様に歳をとります。
そのため、猫も年齢に合ったキャットフードを与えることが、元気に長生きさせる基本となります。
それぞれの年齢で、どのようなことに注意が必要となるのでしょうか。

猫は最初の1年で最も成長します。
人間の年齢に換算すると、最初の1年で二十歳に相当するほど成長するのです。
そのため、この時期はこれだけの成長に見合った栄養を摂る必要があります。
しかし、生まれたばかりのまだ歯が生えていないので、最初はミルクで栄養を摂ります。
2ヶ月には固形物が食べられるようになりますが、消化器官が未熟なので、消化と抵抗力を維持し、高たんぱくな子猫用のキャットフードを与えます。
 
一方、シニアと呼ばれる老猫のキャットフードは、低カロリーでありながら、食欲を促す味付けで消化吸収を助ける工夫がされています。
猫も人間と同じく、年を取ると食が細くなり、運動量も少なくなるからです。

一般的な成猫用のキャットフードは、味や食感などバリエーションに富んでいます。
成猫は食欲がもっとも盛んな時期なので、太りすぎを考慮してカロリーは抑えられています。
体を作る栄養素も子猫用や老猫用と異なり、成猫用の栄養素が含まれています。

このように、それぞれの年齢には合ったキャットフードを選んで与えることで、猫が健康に生き出来ることができるのです。
飼い猫が長生きしているのは、医療の発達もありますが、キャットフードの品質向上が関与していることは否めません。

トップに戻る