【猫ごはんラボ】信頼できるキャットフードを比較・厳選しました!
メインイメージ

キャットフード選びのポイント

市販や通販など、種類が豊富なキャットフード。
たくさん種類がありすぎて、それを上げればいいのかわからないという方も居るかもしれませんね。
キャットフードを選ぶ際には、これらのポイントを押さえて選ぶように心がけてみて下さい。

●猫ちゃんの年齢や種類、猫ちゃんの大きさ
猫ちゃんの年齢や種類、大きさによっても、与えるフードは変わります。

・離乳してから1歳まで
生まれたての猫ちゃんは、お母さんのおっぱいが栄養になります。
離乳してから一歳ごろまでは、猫ちゃんにとって一番の成長期になりますので、栄養価の高いフードを与えましょう。

・1歳頃から7、8歳頃まで
ウェットフードやドライフード、好みの成猫フードをあげて構いません。
動物性たんぱく質が多い、成長をサポートするフードを選んで与えるようにしましょう。
ただし、運動をしない猫ちゃんにあまり栄養価の高いフードを与えると、肥満の元になりますので注意が必要です。

・7、8歳頃から
消化器官が弱くなる猫ちゃんが増えてきます。
この時期になったら様子を見ながら、成猫用のフードに老猫用のフードを徐々に混ぜていきましょう。

●ドライフードかウェットフードか、猫ちゃんの体調にも合わせて決める
猫ちゃんのフードは主に、ドライフードかウェットフードの二種類があります。
俗に言う、カリカリがドライフード。液体が入っているタイプがウェットフードです。
猫ちゃんによっては、ウェットタイプのキャットフードが体に合わずに戻してしまう場合やその逆もあります。
最初は食べやすいカリカリを与えるようにして、様子を見ながらウェットフードを試してみましょう。

キャットフードに含まれている成分をチェック
当然ですが、キャットフードは製造会社によって、キャットフードの材料は異なります。
原材料を見た際に、“肉”“魚”としか書かれていない製品もありますが…
具体的にどんな材料が使われているか不明な商品は、出来るだけ避けた方が賢明でしょう。

トップに戻る